ああああ

こんにちは。

ちゆ12歳が再デビューとかでやっぱりやる気が俺にももたらされるわけです。
別に当該サイトがweb廃墟になるまえに、リアルタイムで見た世代でもないけども。

俺はそれなりにもがいてはいるものの、成果が出ないままだ。
今の状態が、「十分にもがけているけれども成果は出ない段階」なのならいいんだけど、
「十分にもがけていないから成果にならない」とか「もがきかたがおかしい」だったらやだな。

やはりそういう段階を踏むよりもむしろ段階を破壊して結果を出していくべきだ。
それが例えば「1日でDUO1周する」とかそういうゴリ押し戦術。
エセ進学校のツイッターの面白い人(くそあいまい)がやってる傾向。

なんだろうなあ。
面白い人つまり面白さを探求する人は、成果出してる。
段階がどうとかではなくまず成果を出す。段階や過程はあとからついてくる。
人間は興味をもって動いた時点でクオリティが十分に担保されているというのは俺の持論だ。
そんなかんじがするんだよなあ。

精神的体力というか興味を現実に反映させるときの強度というか。
そういうのがほしいなと思うけど多分、成功体験によって得られるものなのかなと。
原初の成功体験・・・つまりは「動ける側の人間になった」という瞬間まではややつらいだろうな。
今の段階では興味をフル回転というよりは理屈を信じるがむしゃらさのほうが重要だ。