理由のないつらさが理由を持って迫ってくる

理由のないつらさがある。
つらさが、不安や不明を何処かから見つけてきては、それを脳内todoの一番上に置いていく。

「めちゃ気になるけどこれは理由のないつらさが理由を持ってきただけだから無視だ」とはいえない。
まずもって、気になるけれども脳の深いところにしまっていたのであるから、気にならないわけがないのだ。
正確には無視だって言うことはできるけれども、無視したら無視したで数日後に不安が爆発する。

無視しつつも適度に発散してあげる必要があると感じた。
根っこは単にストレスなのだろう。けども発散しようとゲームなどに手を出すのも悩みからの逃避に思える。
逃避でもいいだろうと思うし比較的安全な解決法の一つであろう。しかし毎日逃避できるほどは暇ではない。
テスト前とはいえ暇目の生活をしているのだけど悩みをごまかすのに一日3時間から6時間ほど使う。眠れないこともある。
悩むことで唯一喜ばしいものであるところの、そしてモラトリアムのなかで一番助かる、精神安定に使えるはずの、暇という存在がなくなる。

悩まないと悩みは解決できない、などとは思っていない。
無視していれば忘れるのかもしれないが、その途中の強迫観念のような苦しみに耐えられず、日本語がわからなくなるなどの症状が出る。
脳の処理が落ちる。
悩みに対して悩みこまないと、そしてちゃんと理由がないことを暴いて「不安障害か何かだから気にすんな」と言い切らないと、
まともに講義が受けられない。


理屈をちゃんと考えて「ほら理屈終わったのにつらいままだからこれは理由のない不安だった」
ということはできる。

今日で言うと「あれ先月の24日から28日まで何を考えていたっけ」という思考で一杯になり、
漠然としているくせに、くされ脳みそが漠然とした回答は受け付けてくれないもんだからしっかりとEvernoteに書き残した。
それを繰り返すために暇を消費して睡眠時間が0になったり15になったりしているがまあそれですんでいるともいえるだろう。
今日は3くらいになる予定だ。