普通の体調

普通の体調なのだけど、普通の体調のときに普通のことができない事が多い。

  • それによって体調が悪くなったり
  • 普通のことをしていないという事実ではなく架空の悩みをでっち上げて、それに迷い込んだり

してしまう。


脱出するためにはある程度の余裕が必要だ。課題に追われていてはいけないし、接客バイトなんてやっててはいけない。
そう接客バイトをやっているので余裕がなくなっている。
次は接客は接客でもスマホをながめてたまにシャワーとシコティッシュを片付けるネカフェの店員でもやろう。

普通のことをすることに対してトラウマとか抱えまくりなので、それを甘えの一種のように捉えて無理をして切り抜ける。
そうしないとどうにもならない。別の意識の持ち方があったとしても、どうせ無理に動くのは変わらない。

そして無理の総量はなるべくなら少ない方がいい。やはり余裕が必要。
余裕がないと、

  • まずつらさに対しての判断力がなくなり自分でも意味不明な思考を続けてしまう
  • 今の思考は意味不明だし本質が限りなく虚無である、という理屈が頭にあってもなおなぜか思考が続いてしまう

いまだに平均的な行動力を得たとかトラウマ解消されたとかはないので、たまに余裕が出たとき以外はいつも思考の暴走に悩まされてる。


作業通話用のDiscordあります。