ピコーン

だらだらとJavaScriptをやっていたら謎の不安感が出た。これは数週間前までだと何故だ何故だって追求して余計につらくなっていたところだが、今は対症療法でよいと思っていて、実際迷わず寝た。

かんたんな瞑想というか羊数える延長、実際には1から10まで数えてまた1にもどる…みたいな思考をして、不安感から視点をずらして休む。思考が落ち着いたあとに上のような悪夢を見た。瞑想中なので夢半分現実半分なのだろう。不安感が理屈ではなく身体の不安定さとして形になったので、むしろ安心した。やっぱり「身体」や「物質上の精神」が凝りかたまっていただけで休んで正解だったと思った。さっきの不安感は言ってしまえば事実無根で、まあトラウマとしては身体にあるかもな、って感じで冷静に見ることができた。

そしてこのブログを書いたあとはまたしても何分か寝ようと思う。この記事は夢日記みたいなもん。夢日記この前試みたところ10日連続で何も見なかったなあ。ともあれ今から寝て、身体が復活したら動く。突然変になって操縦権を失いかけたら寝る。これが一番結果になると思われるし、「だるい寝る」という行為にして不安感の解決という面では成功しているため、トラウマがだんだんと薄まるのを感じている。そのうちピコーンとレベルが上がって「軽減」ではなく「完全耐性」がつく予感がある。レベリング中に事故でも殺されなくなって安定してくる感じ。