2016

おおみそかの例です

今年は、中2くらいからの悩みであったところの行動力問題(抑うつの後遺症問題)が少しだけ緩和された。
これまでは「動いてさえいればなんだかんだ納得できるのに動けないし(グダグダ…」だったのが、今は「今日は数時間だけは動けたのでイライラと納得が半々」となった。

今でも十分な納得を得られていないので、布団に入ると強迫観念しか目に入らないが、まあ大したものではない。イヤホンでなんか聴いていれば眠れる。
大したものではないと書いたが、対処法がわからないと年単位で潰される。対処法がわかっても対処できるとは限らない。恵まれていると思う。

常人に追いつきつつあるだけで、結果が出ていない。
ベターを重ねたけれどベストではない。負債が残ってるしこれから歳もとるのだからベターでいいじゃんとも思えない。
行動が習慣化”されきった”わけではなく、強迫観念一歩手前の気分に持っていかないと作業が0時間/日になりかねない。なる。

実際成果がないためにブログ内容が代わり映えしないのがお分かりいただけると思う。
しかし今年を最低限ポジティブで終われるのはよかった。勢い的にはよい。位置的にはよくない。それでもよかった。