半端

半端なので、状況は変わってないのにポジポジしたりネガネガしたりする。ミニチュアの躁鬱のように疲れてしまう。
圧倒的な楽しさで精神を維持できたらいいなと思っている。

圧倒的な楽しさを得るまでは、当然圧倒的な楽しさがない。
だから楽しさを求めておこなう行動がポジとネガを行ったり来たりする。さっさと抜け出したい。
不安定であることで失うものが多すぎる。
悩みながらも結果を出し続ける人は、「楽しさかその代替の安定して頼れるモチベがあり」、その上で悩んだりしているので、精神の振れ幅がでかかろうが負の値になることはないのだ。
基本うまくいくことがうまくいくコツなのだ。トートロジーじみている。
そしてうまくいかないのにうまくいこうとすることはやはり相応の負担を伴う。