元旦だという表現

元旦0時過ぎはいつも佐嘉神社に自転車を漕ぎ漕ぎ行くのがなんか好きだ。
この年始も帰省するから多分行くだろう。通学と通る道は変わらないのだが、半端すぎてクリスマスのままじゃねーのって感じのLED、そして必要でないのに自転車を夜中に漕ぐ行為が好きだ。
神社に行っておいてなんだが、初詣には参加しない(ことが近年非常に多い)。着いてしまえば拝むかどうかなんてオマケに見える。
その後体調を崩しながら昼に起きて、元旦の集まりに出て、寒い部屋とローストビーフのコンボでいよいよ体調がアホになるのも通例。

…だから元旦の夜中の気温は強烈に覚えていて、昨日の22時に不本意ながら外出したとき、「元旦だ」なんて思う。
自分の中で元旦は寒さの程度の表現になっている。大宮は佐賀より元旦の到来が早いといえる。
つーかアパートがボロだし暖房もエアコンしかないから室内に先走りの元旦が入り込んできている。