夜更かしを気にしない

学生だからできるだけの話だが、夜更かしがしたいときはちゃんと夜更かしするようにした。
体調より気分を優先するのだ。もちろん決行するかの判断は体調を見てからではあるが。
布団の中でわざと眠らずにいるような夜更かしだから体力面は対してきつくない。
唯一昼の講義が不安だったのだが、それも意外とうまくやれる。講義に寝ていいやという感情は持ち込まない。性格上持ち込めない。
死ぬほど眠くても10分記憶飛んでるくらいでまあそれなら8割効率で全部の講義出るのならいいよねと思う。問題は気分が最低になって自主休講になることだったから。
ただ寝ることをよしとするわけではなく今のスペックと相談して人間のバランスが一番取れるのがこれだって話。
体力をつければこのタイプの夜更かしをしながら昼も全部起きてられるかもね。

こういう破壊して一からの自己管理をゆっくり試させてくれるだけでもモラトリアムなるものは価値がある。満喫している。