映画のRAD

ネタバレ無し。メモ書き程度に

まあRAD単体だと好きではないよね。クオリティは多分高いんだろうけど好きじゃない。合わないんだから仕方がない。そういうバンドと認識していた。

原因は物語性が強すぎるのと語りすぎるから。よくもわるくも中高生ポエムだから。
で、映画の初期から関わってまさしく主題歌って曲を書いたわけだから、そんで映画自体良かったもんだから語り過ぎとか気になるわけもなく完全にエモに押し流されたよね。
曲の中で物語をつくられるのは苦手(または単体で成立させようというときの野田氏の作詞が受け付けない)だけど主題歌なら全然気にならないということ。
RADこれから全部主題歌だけやってくれ。(言い過ぎ)
「スパークル」がいい。この曲のラスト付近はセリフ少なくなって映像で語られるので曲は曲でかなり印象的。
BGMぎみに使われているので尺が長いしほぼ展開がない時間もある。どのへんでどのセリフかわからなくなってもう一回観ようかと思ってしまう。

普段のRADはぶっちゃけ合わないんだけどやっぱすごいのはすごいんだろうなと思いなおした君の名は。二回目でした

関連記事