中学生あたり/放送

中学生当時は思考の稚拙さもさることながら言語能力が足りておらず、紙やネットに文章を書いてたのが助けになったが、その100倍くらい読んでいたのも助けになった。
ちょうど某掲示板が最後の輝きを発していた頃で、何もできない精神のときに楽しく読ませていただき、ぎりぎりいい世代に生まれたもんだと思った。
今気づいたがTwitterの使い方も読み中心だ。発信の質にはこだわった瞬間だめになりそうだ。
こんなに読み専にやさしいSNSがあるのも恵まれている。読み専が活用できているかと言われると疑問だが、活用を考えなければラクなものだ。
しかし最近ネットの中心たるTwitterがマンネリなので、Twitter自体やその周りの活動を積極的にやんないとネット全体がマンネリになってしまうと危機感。

で、放送というやつをしてみようじゃないかと思う。

キャプチャーボードをポチったのでWiiUとかの配信をそのうち始める。ただWiiUをやるのがWiiUやりながら喋る行為に置き換わるだけなので負担にもならないし、今の世代のキャプボを買っておかないと後々三色ケーブルや五色ケーブルのキャプチャ機器がなくて困りそうだし。
配信はTwitch推しなので基本はそこで。PCスペックに余裕が見られるならニコ生を同時に放送しつつTwitchへの流入を促す。
Twitchは誰にでも英語なら伝わると思ってる外人様が多数いるのでそういう人のいなし方や伝わる英語も一緒に覚えようかと。

あとTwitchは人の放送をみらーする機能が標準でついているので、それで複数ジャンルの人を相互に宣伝できたら。
問題としては日本人が少なく、内容がニコ生と同じだと放送の規模拡大が異常に難しいので、英語圏に食らいつく必要があるのと、やはりニコ生と同時配信が理想。
とまあキャプボ代以外はとても夢広がるサイトでありますTwitch。そして画質は半分以下のくせに月500円ぶんどってくるニコ生は今や人口が多いだけのウンコでしかない

wanoh – Twitch