【スマブラDX】全一ピカチュウAxeによるフォックス対策【1/3】

全一ピカチュウAxeによるフォックス対策
【1/3】>←イマココ!
【2/3】
【3/3】

AxeがSmashboardsに投稿した記事をざっくり意訳したものです。
対フォックスと銘打っていますが他キャラにも応用が効く内容です。


このガイドについて:
個人的なキャラ対の方法を伝えるために書いたものです。
他にも様々な対策方法がありますが、私のやりかたを吸収してプレイに役立ててください。
スマブラDXというゲームのいいところは、様々なアプローチで結果を出せるというところです。
このガイドを読んで、上位キャラに通用する対策を組みましょう!

dbf0340de4797b61ffa9dcc03c57947068098cb6_hq


フォックス

キャラ相性(私見)60:40 フォックス有利
フォックスの得意ステージ:ポケモンスタジアム
ピカチュウの得意ステージ:終点/夢の泉

フォックスの有利な点:

  • 全体的にピカチュウよりスピードが速い
  • ブラスターによって攻めを強要させることができる
  • 弱や空中Nから上スマッシュがつながり撃墜できる
  • 上投げ>空中上または空中後がつながり、お手軽
  • 空中N置きはピカチュウの大半の行動を潰せる
  • 空中下からつかみ

ピカチュウの有利な点:

  • リフ>空中Nの固めに対してガーキャン空中上/上スマッシュで対応可能
  • コンボと受け身狩りが強力
  • 空中上の擬似メテオで%にかかわらない撃墜
  • リフメテオがそれほど致命的ではない(助かりやすい)
  • 撃墜までつながる投げ連
  • めくられた場合、ガーキャン空中上で対応でき、そこからのコンボもある

概要:

フォックス…最強キャラ。位置づけとともに使用率も高いが、弱点も存在する。
フォックスはとんでもないスピードと火力を備えているが、ひとたびコンボされるか復帰阻止を喰らうと脆い。
この最強キャラと戦うときに覚えておきたいのが、どんなプレイヤーにも癖があるということだ。
それを見つけ出し、相手に悪い手を出させてそれを狩る。
対フォックスの場合、こちらがいい攻撃をしている限り、最初のストックくらいしか落とさずにいける。(ここ訳が怪しいです)

立ち回り:

まず考えるべきなのは、自分も相手も特に有利なポジションについていないとき、フォックスは何をしたがるのか。
距離が離れているなら、フォックスには2つの選択肢がある:ブラスターを撃って相手に攻めさせるか、距離を詰めてプレッシャーをかけるか。

フォックスがブラスター待ちを選んだ場合、こちらはシーリフをするか攻めるくらいしか手がない。
経験からいって、ピカチュウの最善の手は距離を詰めて相手にガードか攻撃置きかの選択を迫ることだ。
なぜこの選択かというと、いわゆるラインを得ることができ、逃げるスペースを確保できるからだ。
では、接近戦で何をすればいいか?

攻撃的アプローチ

ダウンを奪える攻撃を使っていく。フォックスの%が低い場合、つかみ(上投げ)/下スマッシュ/空中上の3つでダウンさせる。
上スマッシュもダウンさせる吹っ飛びだが、低%ではしゃがまれて容易に反撃されることに注意。
防御寄りのフォックスであるほどシールドをよく使うので、ジャンプキャンセルつかみが有効。
つかみはその場回避でかわされてしまうので、相手を追い越しての走行>しゃがみ>下スマッシュを使うといい。
もしガード継続を選ばれても、後ろに回り込みさえすれば反撃は極めて難しい。空後で反撃を取られても、即撃墜の%でなければ特にコンボもなく安心。

次に絶空やシールド、そして空中上を使って背後に対応する。
小ジャンプ空中上(着地キャンセルいらず)と大ジャンプ空中上を織り交ぜて使う。
フォックスの%が溜まってきたら、空中Nの差し込みも安全な択になる。低%ではしゃがみに気をつけながら振る。
空中Nは中%以降は本当に強力な技だ。

*補足:下強も見落とされがちだが良い技だ。相手の出鼻をくじくように当て、中%では空N飛び込みの間合いにちょうど飛ばしてくれる。
相手の反応がよほど早くなければ、低%でつかみにつなぐこともできる。下強は走行からしゃがみを経由して出すといい。

超接近戦

絶空に加えて、少し上目のステップを使う(ベクトル変更を仕込む)。
フォックスは基本的に空Nで差し込んでくるので、これを後方に避けて、着地をすぐさまつかみ/上スマッシュで咎める。
みんな大好きな回りこみ回避もこれで対応できる。ジャンプキャンセルつかみを使えば対応しやすい。

*というか通常のダッシュつかみがクソなので全部ジャンプキャンセルで

シールド

高レベルのプレイヤーはこちらが空Nをステップで避けることを加味して、ステップでは避けにくい深い差し込みをしてくる。
ピカチュウはシールドをキャンセルして空中上を使うことで、シールドを半自動的にめくってくる深い差し込みに対応できる。
また、フォックスは走行からのめくりリフという攻撃があるが、これは連続リフでない限りは1発目のリフ後に空中上が当たるし、連続リフだと当たってしまうがその後の受け身を取れば危険はない。

シーリフ

ブラスターをシーリフすることが20XXへの対抗策だ。立ちブラスターが打てる程遠いとどうしようもないので、立ちブラスターにリスクをつけられる距離は死守しよう。
そうするとブラスターは小ジャンプ単発か小ジャンプ2連となる。2連ブラの1発目はジャンプしないかぎり当たらない。
2発目をシーリフできるのであれば、逆にこちらが待ち状態を作れる。相手がブラに依存する立ち回りの場合、堪ったものではないだろう。

立ち回りのまとめ:

  • 地上ブラスター待ちを許さず距離を詰める
  • 【低%】走行めくり下スマッシュ/ジャンプキャンセルつかみ/背後に空中上
  • 【高%】空中N/下強
  • フォックスの飛び込みをステップで避け、つかみか上スマッシュを入れる
  • 深い差し込みにはシールドからガーキャン空中上で拾う
  • 中距離で撃たれる二連ブラスターをシーリフすることで逆に攻め強要ができる

Part1は以上です。
全一ピカチュウAxeによるフォックス対策
【1/3】←イマココ!
【2/3】
【3/3】