砂岩

一昨年はJ1首位で監督解任(首位にしたんで年俸上げろといわれたが金がなかった説)
去年は↑のせいで悪い噂が立ちまくってたチームに来てくれた外からの監督で何とかJ1残留
今年は名将っぽい人をサイゲームスパワーで呼ぶも理想のチーム作りしてる間に降格争い
そんなサガン鳥栖なんだが昨日は勝ったのでした。
俺より年下でおなじみ鎌田大地が1分で2ゴール決めてくれました。

父は鳥栖サポーターなんだが(詳しく聞いていないがフューチャーズ時代も?)、それで小学生のときに連れてってもらってもまあ当時は弱小も弱小。
戦術理解もなければ選手のなんにもわからない、オフサイドわからないのにハマれるわけもなく。
それでも佐賀というところにおいてプロチーム、それもカラーが明確で「技術的には下手なのに体力で差を付けるので強い」チームというのは田舎の逆襲といった感じで面白かった。
昔は下手に下手を重ねたようなチームだった(伝聞)しその頃のことは何も知らない。
意識的に自分から情報を得るようになったのはチームカラーが完成し強くなってから、J1に上がるか上がらないかといったタイミング。
それでテレビでみるもののサッカー自体わからないのでネットで調べ始めた。

ネットのおかげで一気に観戦が面白くなった。
もっと具体的にいうと本スレ民やTwitter民のおかげ。うわさ話や「練習中に選手がこう言ってた情報」などガンガン入ってくるし、
選手一人一人に注目して試合を見るので誰はこの動きがうまい・誰はいいやつだけどプレーは下手・誰のケツアタックは強いとかウンチクを脳内でこねてるうちになんとなーく試合がひとりで見られるようになってくる。
選手名鑑みたいな情報本や、話し相手の存在がなかったのを補って余りある情報量は強かった。甲子園もそうやってハマったのだった(あれはマモノ甲子園のおかげ)。

ところで動画を見てもらうと分かる通り鎌田は「下手で体力抜群」の真逆を行く天才肌である。まーJ1にもなると何だかんだ国内上位だし国内上位の人材が来るよね(ただし田舎の資金力でどうにかなる範囲)。