自覚している以上に

自覚している以上に疲れているのか、疲れていないのか、
そもそも、主に精神の疲れであるので、体がつらくて問答無用なそれとは違い、吹っ飛ぶ時は一瞬で吹っ飛ぶ。

夜になるたびに必死な気持ちを空回りさせて失意の中で寝て、朝起きたときに目の中に絶望的な残像が残っているようなことがあり、
一時期は治っていた自信喪失の連鎖がここにきて再来してしまっている。そして今自信喪失と湧き出る自信が殴り合いをしていて、それとは関係なしに俺が弱っていく。

疲れが吹っ飛ぶような自分を自分に見せてやりたい。