sokudoseigen

新生活につぐ新生活で、Twitterと巨大掲示板以外にはアクセスすらしなかった。そういやブログやってたなあと早くも忘却しつつあるので試しに書いている。
ブログの管理画面をロードしながらアドセンスやらアナリティクスやらを除くと5分くらい待つはめになる。そう、まだネットが開通しておらず速度制限のかかったテザリングで生き延びている。

ネットがないとやっぱりつまんないんだが、つまんないという感情にも種類があるので少しだけ分析した。
結局、何かをやった気にさせてくれるのがネットであり、気分だけではなく実際に活動をしてたりもするんだけど、やっぱり大半は「何かをやったように見える」だけのもの。
高速なネットを断たれると俺は満足して眠れない。ネット以外では頭をぶん回して熱中できることは限られている。
いや、熱中しなきゃいけない。ネットは熱中しやすい。俺はネットを基準にしているので、ネットほど結果が現れにくい他のことに対しては熱中しきる前の段階で止まってしまう…事が多い。
この分析が筋違いでも、どうせ熱中する側に向かうべきなのは同じだ。みんな俺と同じで動こうとしても考えたほどには動けない。事故啓発本も売れるし、読んでも読まなくてもいい。


ところでちゃんと熱中はしている。ギターをやっと本を買って練習している。スマブラDXも操作性度が向上した。
お勉強はだんだんできるようになっているができるようにはなっていない。(?)

あと昨日、久しぶりに考え事をやめて音楽を聴いたり、景色を眺めたりできた。
身体が、ああ俺はもう不健康な緊張はしなくていい、ときづいたようだ。
小学生の時みたいに寝る時間に寝るかと考えて寝る、そのときに眠りたくない気持ちが芽生えるのは変わらないが、今は余裕があるからハイハイっつって寝る。
状況が好転したのではなくただただ余裕があるだけで、俺自身はまだうんこのまんまだ。
それでも余裕はないよりあるほうがいい。余裕がないときに必死になれるだけの気力や能力がまだ得られていないから、どうせ余裕を持つしかない。