20161231日記

(現在と連続な精神の期間の中では、)いちばん元気に終えられたのは良かった。ただ元気が余りまくった。
毎日なるべく全部使い切らないと、元気だし、後悔もあるしで、眠れなくなる。

だから来年は元気かつ疲れろということになる。
または疲れ慣れろ、とも言える。今は疲れるのが怖い。

2016

おおみそかの例です

今年は、中2くらいからの悩みであったところの行動力問題(抑うつの後遺症問題)が少しだけ緩和された。
これまでは「動いてさえいればなんだかんだ納得できるのに動けないし(グダグダ…」だったのが、今は「今日は数時間だけは動けたのでイライラと納得が半々」となった。

今でも十分な納得を得られていないので、布団に入ると強迫観念しか目に入らないが、まあ大したものではない。イヤホンでなんか聴いていれば眠れる。
大したものではないと書いたが、対処法がわからないと年単位で潰される。対処法がわかっても対処できるとは限らない。恵まれていると思う。

常人に追いつきつつあるだけで、結果が出ていない。
ベターを重ねたけれどベストではない。負債が残ってるしこれから歳もとるのだからベターでいいじゃんとも思えない。
行動が習慣化”されきった”わけではなく、強迫観念一歩手前の気分に持っていかないと作業が0時間/日になりかねない。なる。

実際成果がないためにブログ内容が代わり映えしないのがお分かりいただけると思う。
しかし今年を最低限ポジティブで終われるのはよかった。勢い的にはよい。位置的にはよくない。それでもよかった。

今月的

今月はずっと意識が朦朧としていた。
自分の行動選択に自分で気づかないことが多く、勝手に社会的行動をやってたり、勝手に寝てたりする。

ほかの精神/体調不良のときにもいえるのだが、おれは気持ち悪い感覚をおぼえたタイミングで適切な対処ができない。
やられるがまま状態である。ちょっとした歪を増長させてしまう。

しかし今年に限っては、好転とまではいかないまでもプラマイゼロ、崖から落下中に一時静止できたような事柄が多かった。
数少ない成功体験、その「パッとしなさ」から、自信を持つには至らない。
勝手にうまくいったという感覚。身体は、自分でうまくいけるもんだとは全く思っていないようだ。
そのくせ精神が前のめりになってしまい、成功したがる。ここで一日で何かを一から十まで完了したりとか、なにか明確に進んだとか、そういうことができれば良いと思う。
ただ今日に関しても突然体調不良があって知らないうちに3時間ほど寝て盛大に寝ぼけて前後2時間の記憶が曖昧など、健常ではないので、もうすこしだけ自分への期待を下げつつ、したたかにやっていきたい、したたかっていいね。しとしとみたいな