月別アーカイブ: 2016年7月

ポケモンGO

スマホを急遽注文して(G4Plus)、夕方頃設定も終わりインストールしSH-04F氏に別れを告げる。
電池持ちが微妙っぽいが構わず公園ダッシュ。住宅地の遊具が5コとだだっぴろい平地がある公園に老若男女が集まる。わらわらと集まる。引いた。
引きながらも課金アイテムを消費し、とある石碑的なスポットに使用。付近にポケモンが出やすくなる。

すると人間が集まってくる。俺の120円に引き寄せられて。老若男女が。
120円で人をおびき寄せるのたのっすいいいいいいいいいいいいいいいいい
30分で効果が切れすごすごと解散。何人かとは話したけど俺見た目坊主が伸びた髪型してるし髭ちょっと伸びてたしニートだと思われたか?。

2016-07-23 18.44.35

たぶん緑の初回もゼニガメ選んだと思う。
どうも金銀のあとにポケモン1ってこんな感じなんだーって感じでさらっとやっただけで、あまりプレイ記憶がない。当時5歳とか6歳。
銀はガキなりにしゃぶり尽くしたあとにレポートとか電源とかが絡んだ増殖バグに失敗し数百時間を吹き飛ばしたあと物理的に洗濯したが動いてはいた。

基本面白いということを前提にして、むかつくところを書く。

  • 人が多いところが有利になる

前身のIngressもそうだが、Nianticは、人が集まりやすい位置というものを位置情報から調べている。
それはゲーム内で反映され、人気(にんき/ひとけ)のある位置ではプレイヤーに有利になる状態が発生しやすくなる。
Ingressで言えばいわゆるスタミナゲージ的なものを回復させるアイテム(自動拾得)がマップに散らばる密度が濃くなりやすい「。
だがゲージ最大量が短くすぐ漏れるし、回復手段は他にあるので、「人気のスポットはメリットがある」とは言いがたかった。
無視できる格差だったわけだ。

一方のポケモンGOだと、どうやら「人気のスポットはポケモンの出現率が高い」。
ポケモンが捕まらないと何もできないにも関わらず。
田舎のIngressには「スポット同士が離れすぎて移動が辛い」という問題があるが、これはしゃーない。
問題は田舎でポケモンGOをしようとすると、
「スポットにたどり着いても、スポット同士が隣接していても、人気がないからポケモンが出てこない」という状態が起こりうる。

  • 解決案

スポットに直接チェックインできないような何もないところでも一応ポケモンが出現するのだが、これがまた周辺の人気に左右される(らしい)。
駅前アパートの人は自室でも10分に1回以上ポケモンが湧くのだが、俺のアパートは1時間に1体も出やしない。
これが周り田んぼしかない、駅まで10kmの実家ともなると、都会のアパートで寝てるだけの人に田舎で車移動でスポットめぐる人が負ける。位置ゲーなのに

だから解決案は「なにもないところでのエンカウント率を底上げしろや!」これだけ。
あとスポット(ポータル、ポケストップ)の申請再開しろや儲かってんだろNianticさっさとバイト雇え

ほしいです

これと

これがほしいです。
MNPでDMMmobileに入ると月に3500円程度*24回。
ドコモのままだと端末も買えないのに月に4000円程度。
違約金は1万くらい。
G4Plus自体の価値は4万弱(分割払いなので最終的には45000まで膨らむが)だから1万払って4万手に入れているようなもの。

どうする!?コスパはよくてコストは高い。教科書に載せられるほど分かりやすい例だ。
実際には端末を変えることができる上に夢の2年縛り脱出、ポケモンGOの最初期に遊びたい、などの考えを進めた結果、9割がた買うだろう。
世界樹も体験版範囲で4と同等にグッドだったので買うだろう。
でもやっぱりコスパがよくてコストは高いのだ。


p.s.
ニコニコにEVOのスマブラDXの動画誰か上げろよみたいになってたので一般会員クソ画質であげたら妙に拡散されてどこからともなくいたたまれなくなった
(ニコニコの人口と流行りを作る能力はすごいんだけど動画サイトとしてはクソ以下だよあれ
Youtubeは無料で2Gのフル動画あげても何も言わないのにニコニコは一般40MB(笑)プレミアムも100MB(爆笑)
読み込み速度も相変わらずクソ、Androidのアプリも舐めた作り
Twitterの動画機能以下の容量制限ってなめてんのか本当に)

拒否反応

行動ができないマンも板についてきた。
本当はブログ書く前に行動を積み上げるべきだ。
今日は多少頑張った(頑張れた)のでブログを書くなどする。

↑の話は本題にも関係していて、
その本題というのは気晴らしができないということ。

例えばアニメを見るより宿題進めるべきなのに1ミリも進まないもんでアニメなんて見れやしない。
その横で25分熱中してアニメを見たあと5分で宿題終わらせる人がいるからひどい話。
気晴らしも休むことも控えて動こうとしているのに動けない。

「口だけ」という言葉がかなりの悪口であるように、動けないということの罪は非常に大きい。
動き慣れていないということは、これまでの罪の意識とこれからも罪を増やすんだろうかという怖さを自分につきつけ続ける状態だ。

アニメは一段落してから見るぞ、という考え自体は間違っていない。
だが一段落すらつけられないのなら無意味な正解だ。いや、それを通り越して苦痛だ。
自分の行動の能率は、そもそも行動がないためにゼロではなく計測不能だなと思ってしまって、そうすると音楽なんかも楽しくない。結果が出せる人の制作物を聴いているんだなあと思うと。

動けないという状態は本当に疲れるものだ。ほんとうにほんとうに疲れる。

そして大方の場合「慣れ」が足りないだけだということ。これが重要で、
「動かないということ」に理屈の上ではなんのメリットもないのに選択し続けているのは、
身体レベルでは「意味もなくつらいことをする」程度にしか見えていないから。
報酬を身体で受け止めていない。成功体験がない。

最初が一番難しいんだと思う。
身体が拒否する(誇張ではなく)中でむりやり成功体験まで持っていくことなんだろう。
気力勝負なのだが、その気力っつうもんもなかなか充実しにくい。