体感温度がおかしい

体感温度を中心にかなり荒れている。ずっと暑いのか寒いのか、だるいのか大丈夫なのか、眠いのか眠くないのか。
そこに追い打ちをかけるのは今は頑張りどきだっていう事実。だんだん頑張りどきからも見放される一方でつらさはこつこつと積み上がっていくだろう。

自分に再起動かけたい。動くことも休むこともままならない。意識不明のほうがずっとましだ。
今年ついに秋の風が気持ちいいという感覚すら、俺が一番愛する感覚すらない。静かに追い詰められている。そして自分自身は追いつめられすぎて鈍感になっている。

何も楽しくないし何か為さないと楽しくないと理解している。やることも明確にわかっている。
本当につまらない。つまらない。詰まった。詰んだ。

詰んだという言葉を使ってしまうくらいに閉塞感やどん詰まり感があり高さ10mはあろうかというバリケードに囲まれている。

「よし今から無理してでも」と何回言った?書いた?そして1回でも成功したか?
まだなんとか気力の在庫がある。

音楽は基本的に救ってくれるが以上にムカついてたまらないときがあって、そういうときは限界が近いから寝ることにしている。
昨日今日とずっとムカついている。いい曲だなあ(イラッ)ってなる。音楽が遠ざかったら逃げ場がもうないというのに、すべての癒やしが表面だけで終わってしまう。バリケードだ。