眠ろうとしない

眠ろうって思えるほど今日に納得できない。

今日はもう寝ようって考えに至らない。普通考えるもんなの?鬱々していなくてもだからって積極的に寝ようなんて考えつかない。
今日はもう終わりって考えられるほどタスクがうまくいった試しがない。寝ないで何かしたいけどできない、けど寝てたまるか。なんども別記事で書いたように成功体験の欠如である。

同じことをツイッターで以前つぶやいたところそこそこ同意されていたので安心して、不安に対して不安感を抱くような負のループにはかからずに済んだのだけど。

適度に寝てる人は精神的に弱っていることが少ない。

もちろん「だから生活立て直そう」で締めるつもりだけど、睡眠のうまいうまくないって存在するよね。
俺は短時間睡眠というものができない。感覚としては6時間未満のことだが。
そして睡眠障害じみた不調の時はやたら寝る、突然15時間寝たりするくせに寝不足といった始末だ。
一日の活動時間と活動効率のどっちもを奪われてしまうので非常につらい。

睡眠関連はとくに、資質の問題であることを重ねて申し上げたい。だから俺は仕方ないんだ、ということではないよ。
人並みの性質を生まれ持っていたら現状はまた違ったであろう、などと考えながら眠りに落ち、なぜか数十分で覚醒してしまい今書いている。つくづくである。これで次に寝た瞬間に10何時間後に飛ばされるんだ?