入院30日目

どうも。ネタがないのは仕方ない。入院生活もいよいよマンネリと飽きに支配されている。
今日は30日目でキリがいいってのと、ネタを仕入れたからまた書くのでした。

そのネタというのはついに退院が決まったこと。ついについに。
ちょうど一ヶ月の入院となった。7/1に入院、8/1に退院。

ただね、尿崩症が治ってないのよ。他はいい。頭痛もゼロではないがまあいいだろう。

尿崩症…下垂体に刺激を与えたために尿量の調節ができず、日に5L以上の尿が出て脱水になったり電解質不足だったり。あと尿意が治まらず非常に邪魔。
脳の手術に関連して起こるものは一過性がほとんど。尿崩症は、特に下垂体を弄るときは、なるときはなる(俺が受けた手術では20%)。

とりあえずホルモン剤の量が決まったので退院となる。2L丁度出るように調整している。
一過性じゃないことも考えてくださいねと言われた。わかってんだけど一生尿ダバダバマンになるのは怖い。一度20%引いてしまっただけに次も引きそうで。