つらい2015/06/10

俺は疲れて帰るのが好きだ。
田舎生まれなので帰り道っつうと1時間ほど自転車を漕ぎまくる田んぼの道、ってな感じなのだが、あの感覚がほしい。

俺は今・健康的に疲れることもままならない。朝起きた瞬間に気持ちはほとんどダウンしているし、昼間は一時間ももたない。
疲れてみたい。なんでみんな頑張れるんだろう。自分のこういう思考をまとめればまとめるほど俺は鬱らしい。
どうしようもないもんなあ。どうにかできるもんなのかなあ。どうにかする力を奪われたかんじだ。

まあしかしネットがあってよかった。うまくいかないやつがたくさん。俺も少しばかり時間を浪費してしまってもいいだろうと思える。
俺がネットによってクズにされた度合い以上に、ネットは屑な俺を救ってくれた。
あれ、これじゃヒモじゃん。依存関係じゃん。否定できない。ま、情報工学とかいうものを学ぶのは情報に救われた人でないとね。たぶん。