焦り

昔のブログも含めると焦りってタイトルで10回以上投稿している。

俺は行動力が致命的に欠けている。人並みに生活を回すのもとてつもない疲労だ。もちろん疲労の度合いなんて比べられるものじゃないと分かっていても。
生活さえ回っていれば困らないじゃないかという考えもある。たしかに一生俺はなにも生産できないままでもいいと割り切れれば、楽になれる。
自分に対して期待しすぎなんだろうか。でも現状維持だけを求めることは正しくないし、それ以前に面白くない。

「俺は動けていない」ということをふとした瞬間に思い出す。生きてる心地がしなくなる。
朝起きた瞬間、(動けていないことでここしか受からなかった)クソ大学からの帰り道での瞬間などなど。
常にわかっているのに、常に実行できない。これが俺を苦しめている。高1から始まったのでもう5年目になる。
5年か。脱却したい。動けるようになりたい。

ほんとうに辛いのは大学に何回落ちたとかなんてことじゃなくて自分に応えられないことじゃないか。