形成

ネットに流した文章、手帳に書きなぐった文章、読んでみるとだいたい今の俺に続く意識は2013年の半ばに発生したらしい。今に続くってのは「あのときは子供な考えだったなあ」と読後に思わないこと。今と大まかには変わらない価値観や口調でいること。

それまではひどいもんだったからそれをひどいものだと分かる精神的成熟を出来たことに感謝(いまも別ベクトルでひどいが)。

ただ昔のアホな自分にもいまの多分過去最高にマシであろう自分にも共通していえることは、生活に支障をきたすレベルで努力ができない。どれだけ考えて自分を形成していてもあたりまえに社会に参加できない。当然、口だけが能力に比べて達者になる。そしてあるとき努力が人格的欠陥レベルでできないことに気づき、それからというもの頑張れば解決だろということだけを考えているのに頑張れないのでついに精神的成長が止まってしまった。それが2013から2015までの俺。2013までは気づけなかったゆえに幸せだった俺。

どうしても閉塞感がある。わかっていて解決できないこの問題。すぐに感情論とかそもそもの資質とかが出てくるし理論だけで解決できない。大多数の人にとって努力なんていい意味で理論いらずのはずなのに、俺には理論以上のものを求めているように思えてならない。

どうしても運ゲーというか厨房の頃に正当に(偶然)努力できていたかに左右されると考えてしまう。そして厨房の頃の自分はいまさら変えられないしバカだったから忠告しても耳をかさないであろう。

配られたカードで勝負。いまの意識を持った今の俺にとって意識が連続していない中学の頃なんてシャッフルされて偶然手に入れた手札。腐ってても仕方ない。相応の負担をもってすれば手札を引きなおすことだってできる。そのはずだ。