死んだ

んだ。国公立前期。ご想像の通り。難化気味だったし倍率もえらく高かったけど難化でも通らないといけなかったのに。以下言い訳ということを前提に読むか読まないかしてください。

もちろん私立は確保してるんだが、「私立なら九州」縛りのおかげで正直…なところしか無かった。当然ながら回りは引っかかったのなら行けよコールなわけだ。しかし一般受験で行ったその日に、その私大の異常な騒がしさというか、遊び場としての大学のオーラを感じ完全に意欲が失せてた。

まとめ

今年は成功ではない。
ただ大発見がある。というのも、俺の精神のうんこっぷりが1年やそこらで治るもんじゃないとわかった。ネガティブな発見。そして真逆のようだけど俺は思ったよりはへこたれないぞ、ということも。口だけ星人と言われようとも、口すらない星人よりはマシだ。

未だに親の金を食いつぶしていること・浪人を差し引けば、まだまだ若くて考える量が多くて希望があってなんでもできるやつだよ俺。

得たもの

  • 集中力が0から0.5に上昇 (1が人並み)
  • 思考がマイナスからプラスに変化

失ったもの

  • 社会的地位
  • 18さいの大事な大事な1年
  • 友人

変わったこと

  • 思考が変わったことで動きたい精神と動けない身体のギャップが大きくなり負担が増えた
  • 偏頭痛が夏からとれない

言い訳ばっかだけど、言い訳じゃないこと書いてもブログとして張り合いないし、ざまぁする人は俺が開き直ってもどうせざまぁするしなあ…。
何ブログになるんだろうこれから。

出たい

九州出たいブログだったわそういえば。ということで何とかして出る。

ただ大学を最後まで行くと結局4年後になるし、「あの百歩譲っても微妙としかいえない九州ローカル私立大学」に4年いることによる損失がでかすぎるから別の手を考えたりもしている!
それはすなわち「あの百歩譲って微妙な九州ローカル私立大学」の4年よりは学年が2コずれて望み通りのとこ行くほうがマシかなという考えと、2015年春に一応「あの百歩譲って微妙な九州ローカル私立大学」に入っておくという世間体の確保を掛けあわせる…

結局親には迷惑をかけっぱなしだけど、俺の機会も大事にしたい。する。