入院4日目-2

頭痛

おれが悩んでいる頭痛は症状を調べれば調べるほどストレス性のようにおもえる。
特徴的なところといえば、「起きている間はずっと」「しめつけるような痛み」「疲労で増大する」「薬が効かない」そして「7日に1回程度、行動不能なほどにふくれあがる」ことだ。

カテゴライズに縛られすぎちゃいけない。2つとして同じ頭痛はない。ほかの人間と別個体だからとうぜん別の症状が出る。
おれは下垂体・ラトケ嚢胞とかいうできものによってストレス性にしか見えない頭痛をおこしている。かもしれない。50%くらいの確率で。前にも言ったが手術は俺が努力するところではなくプロに身を任せるところなので。手術以外のアプローチを考えて損はない。

ストレス性なら運動を増やす。で少し開き直ろうと思う。薬も効かねえし俺は精神からの頭痛によって精神がまたつかれたかもしれない。

ただ怖い。最終的に「仕様です」と言われて、治らないことが確実になった頭痛と残り60年過ごすのか。いやおれは2100年まで生きるから残り85年か。
そうならなければいいな。まあ能力が制限されてそれをバネにして成功する人もいる。そんなことできないひとが万倍いるぜ。

ほかのひとは頭痛でもがんばれてるじゃんお前もできるだろ、って態度が怖い。未確定な要素ばっかりだぞ。

  • 同じ程度の頭痛なのか?
  • 精神力に差はないのか?
  • 痛がり方がおおげさなやつも恐らくいますよ?

3つ目は己の首も絞めてしまう。もし皆んなこの程度の頭痛を持っていると示されたら、俺はなんで入院してんのバカみたいと馬鹿にされる。
だから、俺は自身がおおげさじゃないということを自分で信用して、俺の信用を得るために甘えでないと思えるくらい必死になって、結果ぶっ倒れている。ほんとうにきついんだぞ!!!!
ほんとうにおかしい。症状が出てる上に甘えを指摘されがちって救いがないな、頭痛って。こういう眼に見えないきつさより一日中蕁麻疹とか、吐血とか、夢遊病とか、同情されやすいやつを引きたかったなあ。

治ったらいいね。人格がどうであろうとつらいひとは少なく、健常者は多い方がいい。
治ったら自分の頭痛のことなんて忘れるけど、ただ頭痛を訴える人に寛容になれるだろうね。

入院4日目

ぶっちゃけ

ぶっちゃけ今は頭痛ひどくないんだよね。疲労がたまると頭痛が爆発的に増えるのが問題だから。病院でなにをしようが疲労は大してたまらない。
今思ったんだけど疲労で頭痛ってのは学校行きたくない病と混同されても仕方ないわ。別物だといえる十分な根拠もないけど。

もちろんストレス性の頭痛もきついし、行きたくないと思わせるほどのストレス自体もきついし、なにも甘えではない。
俺がクズで5年間ほどの体調すべてのすべてを演技できる名役者なら知らない。俺はそうではない。じゃあ実際きついんだ。なにも気にすることはない。俺は何も悪くなくむしろ被害者だ。

被害者であることとこれから生きていくことは別で考えなければ。症状が弱まれば気力も返ってくるといいな。

いまは病室でがんがんお菓子をむさぼりテザリングの容量を削りながら生活している。ひま

大学は

退院したらもう夏休みなんだけど、このタイミングで後期休学して実家に戻るか。正直今の大学卒業する気がハナから(頭痛以前から)ないし、無理に大学付近にいる意味もない。
後期休学といいつつ来年には違う大学か、それとも別の場所か。

病気

病気や症状についてあまり話しておらず、むしろ精神的なことの記事ばかり書いている。病気っつってもラトケ嚢胞とかいって下垂体に水がたまってて、手術は比較的負担が少なくて、でも術後は3日間程度安静に・で1週間くらい尿崩症とかが起こるかもよ?程度。
本格的に下垂体切除とかするとホルモン異常も長期化・一生ものになる可能性もあるが、俺が受ける手術は下垂体本体の周りにたまった水をとるだけなので大丈夫。

まあ手術についてはどうせ術後にたくさん書こうと思うので。